空調服バッテリーの比較をしてみました!

空調服バッテリーは、複数ありますが、それぞれの性能の違いが分かりにくいので比較してみました。種類は、LI-ProΙと大容量LI-ProΙ、それと電池ボックスタイプの3機種があります。

LI-ProΙと大容量LI-ProΙは、それぞれリチウムイオンバッテリーで電池ボックスタイプは、単三電池を使用します。単三電池を第一世代とすると、LI-ProΙは第二世代、大容量LI-ProΙは、2017年発売の第三世代と言えます。

 

それでは、各世代の空調服バッテリーについて見ていきましょう。

 LI-ProΙの主な特徴

LI-ProΙリチウムイオンバッテリーセット

この空調服バッテリーは、現在の主流を占める代表的なリチウムイオンバッテリーです。電池ボックスタイプに比べ電池容量が格段にアップしています。そのため、連続使用時間も大幅に長くなっています。

電池ボックスの強設定の風量が約20ℓ/秒の時の使用時間が、約4時間に比べ、LI-ProΙのリチウムイオンバッテリーでは、風量が約22ℓ/秒の時の使用時間が、約12時間と約3倍の能力があります。

使用時間が、約12時間ということは、連続使用で一日中使用しても充分余裕がありますのでバッテリー切れの心配はありません。

さらに風量を増やしたい場合は、最大約30ℓ/秒の風量までアップすることが出来ます。

LI-ProΙ空調服バッテリーの主な仕様

————————————連続使用時間    風量
表示パネル [1.]が7.2V 約 5時間30分   約30L/秒
表示パネル [2.]が6.0V 約 8時間           約25L/秒
表示パネル [3.]が5.0V 約12時間          約22L/秒 おすすめ設定です。
表示パネル [4.]が3.0V  24時間以上  約12L/秒

定格容量 4300mAh                                                                                                                                       ニッケル水素電池(2500mAh)の2.5倍以上のスタミナ                                                                              充電時間 6時間以内

大容量リチウムイオンの主な特徴(最新機種)

大容量リチウムイオンバッテリー

大容量リチウムイオンバッテリーは、今年発売されました最新機種です。LI-ProΙのリチウムイオンバッテリーより、さらに性能をアップした空調服バッテリーです。もちろん、連続使用時間も、長くなっています。

おすすめの風量約22L/秒 の場合、連続使用時間が約12時間から約18時間と6時間も延長されました。連続時間約18時間ですと、1日8時間使用として2日間以上使用できますので、大容量リチウムイオンバッテリーはとってもおすすめですよ。今年発売(2017年)されました最新機種です。

大容量空調服バッテリーの主な仕様

————————————連続使用時間  風量
表示パネル [1.]が7.2V    約8時間     30リットル/秒
表示パネル [2.]が6V  約12時間        25リットル/秒
表示パネル [3.]が5V  約18時間        22リットル/秒 おすすめ設定です。
表示パネル [4.]が3.3V      24時間以上  12リットル/秒

定格容量:6500mAh                                  LIProIバッテリーの1.45倍のスタミナ
充電時間 8時間以内

電池ボックスタイプの主な特徴

ファン付き作業着電池ボックスセット

当初は、この電池ボックスタイプから始まりました。現在でも採用されています。単三電池ですので、エネルギーが無くなれば、すぐに交換できるのが、この空調服バッテリーのメリットです。

エネループ2000mAの単三電池4本をご使用の場合の連続使用時間は、強で4h程度、弱で16h程度です。風量は、強で20ℓ/秒、弱で8ℓ/秒です。

最大空調能力は、500キロカロリー/時(33℃、50%の温湿度条件で、860ccの汗の蒸発能力)です。