空調服(ファン付き作業着)は、工場でおすすめです!!

空調服(ファン付き作業着)がおすすめな工場とは。

工場といっても、あらゆる業種がありますね。どんな業種に空調服(ファン付き作業着)がおすすめなのでしょうか。

そこで、どのような工場に、空調服(ファン付き作業着)が必要なのかをまとめてみました。

プラント工場や製造工場でおすすめの空調服(ファン付き作業着)

プラント工場は、素材や資源を生産する工場なので規模が非常に大きく24時間体制で行っているのが普通です。

今人気の、工場の夜景をイメージしていただければよくわかると思います。工場全体が配管で出来ているといっても間違いではないでしょう。

 

集中制御室は、空調が効いていますので必要ありませんが、現地でなければわからないことがありますので、そのときは、屋外作業になります。しかも、規模が大きいため、面積も広く、夏場は特に過酷な現場となります。

当然、安全には、とっても厳しいため、ヘルメットや、安全帯、安全靴など重装備になります。そんなときに、おすすめな空調服(ファン付き作業着)があります。

プラント工場におすすめな空調服(ファン付き作業着)は

空調服 フード付屋外作業用(チタン加工) リチウムバッテリーセット

空調服 フード付屋外作業用(チタン加工) リチウムバッテリーセット

この空調服は、屋外用に特化した空調服です。しかも、フード付きのため、ヘルメットの上に被りますと、涼しい風が、ヘルメットの中にも吹いてきますので、頭も蒸れることはありませんので、おすすめです。

また、ポリエステル素材は細い糸を密に織り込んでおりますので、一般のポリエステルよりも紫外線をカットします。しかも、金属チタンを内側に蒸着することによって、赤外線による温度上昇もおさえ、さらに紫外線も、よりカットすることができました。

涼しい風と、チタン加工で最大限の効果を発揮する優れものなので、とってもおすすめです。

空調服 フルハーネス仕様 (シルバー・5L~M)リチウムバッテリーセット

 

背中部分からランヤードを取り出すことができ、胸部分にはハーネスに取り付けた休止フックホルダーを表に出すことができるフルハーネス安全帯着用者専用の空調服です。

どうしても、修理などで、安全帯をつけないといけないときにおすすめの空調服です。

 

製造工場におすすめな空調服は

室内での作業でありながら、人数のわりに空間が広すぎる場合や、熱源を取り扱う場合、全体の空調が費用的にも、環境的にも難しい職場は、数多くあります。

そのような職場は、工業扇や、スポットクーラーなどを使用されていますが、作業をしていますと、どうしても移動が伴いますので離れている間は、暑い思いをします。

特に工業扇は、あまり接近して使用しませんので、そよ風が吹く程度です。とても涼しいとは言えません。ですので作業をたびたび中断して近くで涼むことになり、結局、作業効率も悪くなります。

そんな時に、おすすめの空調服がありますので、ご紹介します。

空調服は、作業着自体にファンを取り付け、服の中に風を吹き込みます。そうしますと、身体の表面を吹き抜け、襟や袖口から外へと出ていきます。

この時に、身体の表面から汗が蒸発し熱を奪っていきますので涼しくなります。気化熱の原理を応用しています。打ち水や、お風呂上りに濡れたままにしていると身体が冷えてくるなどが代表的な気化熱の作用ですが、これらは、一時的なものにすぎません。

空調服は、この気化熱の原理を連続的に発生する様にしたものです。ですので、ファンが回転している間は、涼しさが続きます。同時に、汗も蒸発しますので、身体がベタベタせず、爽やかになります。

リチウムイオンバッテリーは12時間持続しますので、一日余裕で作業ができます。

熱源がない場合の工場内での作業におすすめな空調服

空調服 綿・ポリ混紡長袖作業着 リチウムバッテリーセット

熱源がある場合の工場内での作業におすすめな空調服

綿薄手のため、軽くしかも熱に強いので熱源のある室内におすすめです。

空調服 綿薄手長袖作業着 リチウムバッテリーセット

溶接の場合は、火の粉が飛ぶので、難燃性素材が、おすすめです。

空調服 難燃長袖ワークブルゾン リチウムバッテリーセット