涼しい作業服で屋外でもヒンヤリ!

 

真夏に、作業服を着て作業するのは大変ですね。家ならシャツ一枚になったり、短パンになったりして体温調整ができますが、作業中は、暑くても脱ぐわけにはいかないです。当然、夏用はありますが、それでも暑いですよね。

特に、屋外では直射日光も当たりますので、地上表面は40℃を超えることがあり、この輻射熱もプラスされて想像もできないような暑さになることがあります。

そんな暑い中でも、涼しく作業できる服はないでしょうか。

続きを読む

空調服バッテリーの比較をしてみました!

空調服バッテリーは、複数ありますが、それぞれの性能の違いが分かりにくいので比較してみました。種類は、LI-ProΙと大容量LI-ProΙ、それと電池ボックスタイプの3機種があります。

LI-ProΙと大容量LI-ProΙは、それぞれリチウムイオンバッテリーで電池ボックスタイプは、単三電池を使用します。単三電池を第一世代とすると、LI-ProΙは第二世代、大容量LI-ProΙは、2017年発売の第三世代と言えます。

続きを読む

空調服インナーは、何を着ればいいの?

空調服インナーの選定

空調服を着る場合、中に何を着ればいいのでしょうか。

空調服は、脇の下側面に左右に各一個ずつファンを取り付けバッテリーで回転させ、服の中に風を送り込み襟や袖口から排出します。

その時、風の通り道が確保されないと流れが停滞し、効果が発揮されませんので、インナーはできるだけ、肌にフィットしたものがいいです。

続きを読む

扇風機ジャンパーと、空調服ブルゾンの違い

ジャンパーと、ブルゾンの違い

ジャンパーと、ブルゾンの違いって何でしょうか。実は、英語ではジャンパーといい、フランス語ではブルゾンといいます。言い方が違うだけで、どちらも同じなんです。

丈が短く身頃(みごろ)はゆったりとしていて、袖口はボタンやゴム編みの長袖で、ファスナーなどの前開きのジャケットを言います。

続きを読む

空調服ファンの取り付け方

空調服ファン取り付けの完成図です。

ファン取り付け完成

空調服は、ファン2個と、バッテリーを組み合わせた単純な構造ですが、商品が届いたときや、洗濯する場合は 、取り付け、取り外しの作業が必要です。

続きを読む

扇風機付き作業着で、夏を乗り切りましょう!

扇風機付き作業着は、ファン付き作業着や、空調服とも呼ばれています。           簡単に言えば、作業着や、ブルゾンにファンを取り付け、バッテリー駆動で服と身体の間に風を送り込みます。

扇風機の機能と、気化熱の原理を利用し、汗の蒸発を促進させ、より涼しくする機能を持たせたのが扇風機付き作業着です。

扇風機付き作業着は、空調環境のない作業、スピードを伴わない運動などに適しています。たとえば、建築現場、釣り、ゴルフ、ガーデニング、ウォーキング、日曜大工、山登り、農業や家庭菜園などです。

続きを読む

空調服厚手と綿薄手の違いは?

空調服厚手とは

溶接作業など、火を扱う作業現場での使用を想定して、耐火性を高めるために表地に厚手の
綿を使用した空調服です。(素材:表地 綿100% )

裏地にポリエステル生地を採用することにより、高い空調能力も兼ね備えた新世代モデルです。  (素材:裏地 ポリエステル100%)

また、溶接の際に出るアーク光を浴びても色あせしにくいよう、生地の対光堅ろう度を大幅にUPしました。

続きを読む

空調服の効果について

空調服は、どのような仕組みで涼しくなるのでしょうか。

 

まず、空調服の構造から見ていきましょう。作業着の側面の左右に、ファンそれぞれ取り付け、バッテリーによって駆動させ、外気を取り入れ、体表面に空気を流し襟や袖口から空気を逃がす構造になっています。

ただ、風を送っているだけの扇風機なのでしょうか。そうではないんです。単純な構造ですが、ある効果によって身体を涼しくしてくれるのです。

続きを読む

空調服(ファン付き作業着)は、建築現場におすすめです!

建築現場は、屋内、屋外とも空調をすることが出来ないです。建物は、まだ、未完成ですので、密閉性もありません。扇風機を使用する程度ですね。

扇風機は、全体に送風するだけで、ほとんど効果はありませんね。、扇風機を置いてある建築現場はまだいいほうで、実際は少ないですね。

建築現場の皆さんは、どうしているのでしょうか。がまんされているのでしょうね。ですから、夏場は熱中症が多発します。水分や、塩分をこまめに取るのも難しいでしょうね。何かいい方法はないのでしょうか。

そんな時に、おすすめなのが空調服です!

続きを読む

空調服(ファン付き作業着)は、工場でおすすめです!!

空調服(ファン付き作業着)がおすすめな工場とは。

工場といっても、あらゆる業種がありますね。どんな業種に空調服(ファン付き作業着)がおすすめなのでしょうか。

そこで、どのような工場に、空調服(ファン付き作業着)が必要なのかをまとめてみました。

プラント工場や製造工場でおすすめの空調服(ファン付き作業着)

プラント工場は、素材や資源を生産する工場なので規模が非常に大きく24時間体制で行っているのが普通です。

今人気の、工場の夜景をイメージしていただければよくわかると思います。工場全体が配管で出来ているといっても間違いではないでしょう。

続きを読む