あずきチェーン|トキメキのあずきチェーンネックレス!

あずきチェーンは、なぜ、あずきチェーンと言われるようになったのでしょうか。外国でもあずきチェーンと言われているのでしょうか。また、チェーンっていつごろから使い始めたのでしょうか?

今回は、そんなあずきチェーンについてまとめてみました。

 

チェーンの起源

チェーンの起源は、紀元前493頃のギリシャ、ローマ時代、ペルシャ軍の侵入を防ぐために築かれた、ギリシャのピレウスの港を防御するために、取り付けられたチェーンが初めてだといわれています。ピレウスの港は、今も現存する港で賑わっています。

また、8~9世紀にかけて、ノルウェー、スウェーデンのスカンジナビア半島を拠点にし、ヨーロッパで活躍したヴァイキングは、航海術も優れており、青銅や、鉄の加工技術も優れており、初めてアンカーにチェーンを使用しました。

今でもアンカーチェーンと言われ、その形はほとんど変わっていません。ジュエリーでも使用されています。

あずきチェーンとは

あずきチェーンは、チェーンの基本形のひとつで、その名の通り、小豆に似ているので、あずきチェーンと呼ばれています。

でも、それだけではないんです。まん丸のコマをつなげたチェーンもあずきチェーンと言われる場合があります。オーバル・リンク・チェーン( Oval Link Chain )とも呼ばれています。

あずきチェーンは、コマをいくつもつなぎ合わせていきますので、輪と輪の間は線に見えます。

あずきチェーンのタイプは、コマが通常の楕円タイプと、丸タイプ、少し長めロングタイプの3種類があるんです。

あずきチェーンの種類

 

あずきチェーンの長さ

あずきチェーンは長さによって、名前があります。あずきチェーンだけでなく、一般的なネックレスの長さを表す名称なんです。

この長さは、女性の場合の長さで、男性の場合は、約5~10㎝長いものをお選びください。

(約35~40cm) チョーカータイプ

本来は、革や布で出来た首輪状のアクセサリーのことですが、首にぴったりの長さのネックレスを言います。

(約40~45cm) プリンセスタイプ

お姫様がつけているようなネックレスの長さで、特に45㎝をシンデレラタイプと言ったりします。

(約50~55cm) マチネータイプ

マチネーとはフランス語でミュージカルや演劇のことを言い、特に昼の公演の事を指し、欧米の昼間の社交界でよく用いられている長さのネックレスを言います。

(約71~81cm) オペラタイプ

欧米の夜のパーティーなどに多く使われる少し長めのネックレスです。

(約102~114cm) ロープタイプ

さらに長いタイプで、違う長さを幾重にも巻く、厚みのある仕上がりになるネックレスの長さのことを言います。

その他にも、投げ縄の意味のラリアートタイプ(約122cm)や、ロープよりさらに長いロングロープタイプ(約142cm)などがあります。

あずきチェーンの幅

あずきチェーンの外幅は、0.6㎜、0.8㎜、1.0㎜、1.5㎜、1.7㎜、2.3㎜などがあります。

ペンダントヘッドの大きさに合わせて使用しますので、お好みのペンダントを選んでいただければ、あずきチェーンの幅はあまり気にする必要はありません。

あずきチェーンの幅を指定するのであれば、それに見合ったペンダントになります。

あずきチェーンの材質

あずきチェーンの材質は、ペンダントとほぼ同じと考えていただいていいです。

ダンシングストーンのあずきチェーンの材質は、5種類ご用意しております。

プラチナPt900(一部プラチナpt850)

プラチナPt900とは、プラチナ90%と、パラジュウムなどの金属が10%の合金のことです。

シルバー925(ロジウムコーティング)

シルバー925とは、純銀が92.5%と、銅などの金属が7.5%の合金のことです。

K18ピンクゴールド

K18ピンクゴールドは、純金75%と、銅やニッケルなどの金属が25%の合金のことです。

K18ホワイトゴールド

K18ホワイトゴールドは、純金75%と、パラジュームや銀などの金属が25%の合金のことです。

K18イエローゴールド

K18イエローゴールドは、純金75%と、銅や銀などの金属が25%の合金のことです。

ちなみに、通常、金といえば、K18が一般的ですか、K18は、イエローゴールドと同じく、純金75%と、銅や銀などの金属が25%の合金なんです。しかし、銅と銀の配合が違うのです。

なぜ、わざわざ、プラチナPt900、シルバー925、K18ピンクゴールド、K18ホワイトゴールド、 K18イエローゴールドなどの合金にする必要があるのでしょうか。

100%のプラチナや、純金、純銀は、柔らかすぎて摩耗や変形、傷などがつきやすく実用に耐えられません。

そこで、強度を上げる目的で、品質を損なわない程度に他の金属を入れるのが一般的なんです。この、他の金属の事を割り金といいます。

この割り金をすることにより、強度だけでなく、色も自由に変えることができるようになり、いろいろなデザインにも対応することができるようになったのです。

あずきチェーンネックレスの種類

ダンシングストーンのあずきチェーンネックレスは、以下の種類がありますので、一度お立ち寄りくださいね。

あずきチェーンダイヤモンド

あずきチェーンダイヤモンドは、プラチナPt900と、K18ピンクゴールド、K18ホワイトゴールド、K18イエローゴールドを取り揃えております。

Amazonはこちら
あずきチェーンダイヤモンド
楽天市場はこちら
あずきチェーンダイヤモンド

あずきチェーンクロスフォー

あずきチェーンクロスフォーは、シルバー925を使用しております。

Amazonはこちら
あずきチェーン クロスフォー
楽天市場はこちら
あずきチェーン クロスフォー