K18ホワイトゴールド とは

K18ホワイトゴールド って金なんですか?

K18ホワイトゴールドは、金色していないですけど、本当に金なんでしようか。素朴な疑問ですね。でも、心配しないでくださいね。金は間違いありません。ただし、金の中に、他の金属を入れた合金なんです。

金のジュエリーと言えば、日本ではK18が多いですか、アメリカではK14、イギリスではK9が一般的です。

 

K18ホワイトゴールドのK18の意味って何?

K18ホワイトゴールドのK18ってどういう意味なんでしょうね。

実は、純金がどれだけ入っているかの表示なんです。これさえ見れば、何%の純金が入っているかわかるんです。

ちなみに、K24が純金100%なんです。ですから、K1は、約4.17%になり、K18は、4.17%×K18で75%の金だということがわかるんです。

K18ホワイトゴールドの純金の配合率は、75%ですが、残りの25%は、銀や、パラジウムが入っています。この混入させた材料により色合いが決まってくるのです。

なぜ、100%の金を使用しないの?

なぜ、純度100%の純金を使用しないのでしょうか。

確かに、純金は柔らかく加工しやすいですが、一番の欠点は、強度が弱いことです。せっかくダイヤを固定しても爪が変形したり、摩耗してしまいます。つまり、耐久性が無いんです。

ですので、加工しやすさを残しながら、強度を増す必要があります。そのために、強度のある他の金属との合金を作る必要があったのです。

また、色々な金属を使用することにより、色合いも変えることが出来るんです。K18ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドなどがあります。そのほかにもプラチナpt900があります。

K18ピンクゴールド のダンシングストーンペンダント/ネックレス

Amazonはこちら

ピンクゴールド

楽天市場はこちら

ピンクゴールド

K18イエローゴールド のダンシングストーンペンダント/ネックレス

Amazonはこちら

イエローゴールド

楽天市場はこちら

イエローゴールド

K18ホワイトゴールド のダンシングストーンペンダント/ネックレス

Amazonはこちら

ホワイトゴールド

楽天市場はこちら

ホワイトゴールド

プラチナpt900 のダンシングストーンペンダント/ネックレス

Amazonはこちら

プラチナpt900

楽天市場はこちら

プラチナpt900