燻し(いぶし)加工と知っておきたいお手入れの方法!

燻し(いぶし)加工ってご存知ですか?

普通、燻すといえば、燻製を思い出しますね。私も、そう思っていました。でも、今回、ご紹介する燻し(いぶし)加工は、そうじゃないんです。

銀のアクセサリーなどに使用する表面処理の技法の事なんです。

そこで、今回は、この、燻し(いぶし)加工に焦点を当て、どのように加工し、どのような効果があるのか、また、お手入れは、どうすればいいのかなど、まとめてみました。

燻し(いぶし)加工とは

燻し(いぶし)加工とは、銀製品の表面を、化学反応により硫化銀を生じさせ、凸部は、磨いて銀の光沢を出し、凹部はあえて黒くし、陰影を整えることにより、シルバーアクセサリーなどのデザインの一部として使用するようになりました。

このような技法を燻し(いぶし)加工と言っています。上の画像は、燻し(いぶし)加工を施したペンダントの事例です。

シルバーアクセサリーの燻し(いぶし)加工の方法

銀製品と言えば、ドラマなどで、磨いている場面を、よく目にしますね。

あれは、汚れているから磨いているのではなく、ほっておくと黒く変色するので、いつもキラキラと光り輝かせておくためなんです。

鉄は、空気中にある酸素によりサビて酸化しますが、銀は、空気中の微量な硫化水素により、硫化し、黒く変色するんです。

燻し(いぶし)加工は、この現象を応用し、シルバーアクセサリーにあえて人為的に硫化現象を起こさせているんです。この作業を「燻し(いぶし)」と言います。

具体的には、「銀黒」を使用して、短時間に燻し(いぶし)ます。筆などで、黒くしたいところだけ塗るか、全体を漬けて、表面全体を一度すべて燻し(いぶし)てから、光らせたい部分を磨き陰影をつけます。凹凸があるシルバーアクセサリーは、全体を漬けてから、凸部を磨くのが一般的です。

燻し(いぶし)加工をする前には、、シルバーアクセサリーについた汚れや、油脂分を中性洗剤できれいにしてください。

水に「銀黒」を数滴入れ、シルバーアクセサリーを漬けてください。

すぐに、硫化が始まり、黒くなりますので、お好みの黒さになるように時間を調整してください。硫化が終わりましたら、水洗いし、よく乾かしてください。

光らせたいところを、[シルバー磨きクロス」で磨いてください。

部分的に燻し(いぶし)たいときは、筆や綿棒を使って行ってください。反応は熱いほど早いですので、熱湯を使用すると早く燻し(いぶし)が完了します。



真鍮の燻し(いぶし)加工の方法

真鍮の場合は、硫化でなく、酸化になります。酸化ですので、単純に炎を利用しても燻し(いぶし)は、可能です。

具体的には、「えごま油」などの植物油を塗って炎に当て黒くなってところで、松脂から作られる「テレビン油」につけ光沢をつけます。

火を使うのが嫌な方は、真鍮専用の「Brass Black」がおすすめです。また、銅、真鍮専用の「カラス」もあります。

いずれも、直接、原液に漬けるほうがきれいにできます。

燻し(いぶし)加工品のシルバーアクセサリーのお手入れ方法

燻し(いぶし)加工品のシルバーアクセサリーは、シルバー生地のところは、2週間もすると、硫化が進み、くすんできます。絶えず磨いていると銀の食器と同じく、くすむことは無いのですが、なかなかそんなことはできないですよね。

ついつい、使いっぱなしになってしまいます。そして、いつの間にかくすんでしまいます。でも、心配しないでください。もとに戻す方法があるんです。

それでは、くすんでしまった燻し(いぶし)加工品のお手入れ方法をご紹介します。くすんでしまった黒ずみを落とすために、「シルバークリーナー」を使用します。つやを元に戻したいところに、刷毛や、綿棒を使って塗っていきます。

すぐに、くすみが取れてきます。この時、燻し(いぶし)加工部や、宝石には、絶対に付けないようにしましょう。終わりましたら、水洗いして、水分をふき取り、完全に乾燥させてください。

次に、シルバー磨きクロスに、「シルバーポリッシュ」を付けてでツヤを出します。最後にからぶきをします。そうすることにより、本来の輝きがよみがえります。

しかし、このような「お手入れが苦手」と言われる方は、やはり、こまめにシルバー磨きクロスで磨き上げてくださいね。

シルバーアクセサリーは、少し手間はかかりますが、きっと、お気に入りの一つになりますよ。

燻し(いぶし)加工のシルバーアクセサリーの種類

シルバーアクセサリーは、ほとんどの場合、シルバー925が使用されます。

シルバー925とは、純銀が92.5%含まれていますよっていう意味なんです。

純銀100%にすると、柔らかすぎるため、あえて強度を増すために、銅などの金属を混ぜて合金にしています。

ダンシングストーンのクロスフォーニューヨークの本体は、シルバー925を使用しています。

その中でも、クロスフォーニューヨーク for Menは、シルバー925に燻し(いぶし)加工を施しています。

クロスフォーニューヨーク for Men

クロスフォーニューヨーク for Men

Amazonはこちら

クロスフォーニューヨーク for Men

楽天市場はこちら

クロスフォーニューヨーク for Men

その他のダンシングストーンのクロスフォーニューヨークは、シルバー925にロジウムコーティングを施しています。

クロスフォーニューヨークペンダント/ネックレス

クロスフォーニューヨークペンダント/ネックレス

Amazonはこちら

クロスフォーニューヨークペンダント/ネックレス

楽天市場はこちら

クロスフォーニューヨークペンダント/ネックレス

クロスフォーニューヨークピアス

クロスフォーニューヨークピアス

Amazonはこちら

クロスフォーニューヨークピアス

楽天市場はこちら

クロスフォーニューヨークピアス

クロスフォーニューヨークタイニーピン

クロスフォーニューヨークタイニーピン

Amazonはこちら

クロスフォーニューヨークタイニーピン

楽天市場はこちら

クロスフォーニューヨークタイニーピン

クロスフォーニューヨークシリコンブレスレット

クロスフォーニューヨークシリコンブレスレット

Amazonはこちら

クロスフォーニューヨークシリコンブレスレット


あなたにおすすめの商品